忍者ブログ
 小さな水槽で川めだかを飼育している。子供のころ四つ網で家の前の川で取れた魚のうち、めだかはそのままリリースか、いつもついて来ていたタマ(三毛猫)のえさになった。  そんなノスタルジーも今、明日へのピンころ(ピンピン生きてころっとバイバイ)成就へのエネルギーになる。さて、このブログ「めだかのがっこ(学校)」は平成19年8月に誕生。お寄りいただけた方、今後とも懲りずにご笑覧ください。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
三角コーナーの格子の隙間は稚魚しか入れません。藻や浮き草の根についていた卵が孵化して、シェルターに逃げ込めば、ほぼその中で大きくなります。逃げる途中で成魚に食べられたらおしまいですが、運の良い稚魚だけが大きくなるというメダカ残酷物語です。時間があれば、卵の時点で隔離すればいいのですが、親子共生を目指しての措置だったためこんな世界を作ってしまいました。もっともペット屋さんでもメダカの卵から成魚になる確率は十分の一以下だと言っていました。

拍手[0回]

PR
稚魚が何匹か、台所の三角コーナーシェルター内に泳いでいる。餌を食べている。きっと大きくなるだろう。生まれてすぐ水草から自力でシェルターに入り込んだのです。生命力のある稚魚のみが、まだ逃げ隠れているのもいれば、成長してくれるだろう。楽しみである。写真は近日中にアップする予定です。

拍手[0回]

春になったので、久しぶりにメダカの水槽の換水をした。透明になりきれいな水の中で元気に泳いでいるメダカたち。これからまた卵を付けた親が現れるだろう。目標今年は100匹だ。

拍手[0回]

水草アナカリスを整理整頓しました。その間に茂って繁茂していた水藻も取り除きました。すっきりして水槽が床屋三に行ったようになりました。またアップしようと思います。春になればまた卵をたくさんつけるでしょう。

拍手[0回]


隠れているのです。稚魚もうようよ!急に寒くなったりで、えさをやっても飛びついてきません。ひっそりと隠れているようです。

拍手[0回]


安定してきた水槽風景です。稚魚がうようよいます。きっとシェルターに入っているのでしょう。

拍手[1回]

たくさん増えてきましたメダカ。順調に季節に応じて育ってきました。

拍手[0回]

熱帯魚と違ってめだかは、寒冷地でも生息できるはずです。むしろ熱い方が大変なようですね。この命に係わる猛暑、人間だけではないようですが、何とかうちのメダカは生き延びてくれています。既に何匹かは、成魚の群れに参加して泳いでいます。それも100匹くらいからの数匹なので、やはり生存率が猛暑とそうでないのと違うようです。アナカリスという水草が密植して、稚魚も助かっているようですが、少し間引きしないといけないくらいに増えてしまいました。このところが問題の水草加減というのでしょうね。

拍手[0回]

何匹かの稚魚がシェルターから出たり入ったりしているのが分かります。もう何匹かは、寿命でない限り食べられたりしないで成魚になっていくでしょう。餌も成魚用を食べられるから安心。そして今日も親メダカの尻に卵がたくさんついて餌を催促しています。これからが楽しみです。

拍手[0回]

新しいろ過機で水流が激しいのですが、アナカリスが密植していてシェルターを取り囲み、その周辺も静かな水面になっています。そのせいか、稚魚がたくさん!何匹成魚になるか楽しみです。

拍手[0回]

カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[03/15 edward]
[03/11 hara]
[05/23 edward佐野]
[09/29 NONAME]
[04/06 edward]
[04/05 口細食われた><]
[03/26 edward]
[03/24 口細食われた><]
[03/14 首藤 かな]
[06/22 NONAME]
[09/03 キンカンケツ]
[08/26 1080]
[08/21 1080]
フリーエリア
最新TB
(03/26)
(02/19)
(11/12)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]