忍者ブログ
 小さな水槽で川めだかを飼育している。子供のころ四つ網で家の前の川で取れた魚のうち、めだかはそのままリリースか、いつもついて来ていたタマ(三毛猫)のえさになった。  そんなノスタルジーも今、明日へのピンころ(ピンピン生きてころっとバイバイ)成就へのエネルギーになる。さて、このブログ「めだかのがっこ(学校)」は平成19年8月に誕生。お寄りいただけた方、今後とも懲りずにご笑覧ください。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
暖かくもなり、昨年はどんどん稚魚が増えていました。今は一匹も確認できません。そのかわり、水槽を楽しくにぎわせているミナミヌマエビやヤマトヌマエビそして1匹だけどどじょうがあばれてる。多分エビの子供たちが、尻に着けたり水草につけたメダカの卵を食べているのだろうと思います。再度試してみるのは、10匹のメダカを投入してその存在比率を高くして試してみようと思います。無駄な抵抗かな~。

拍手[0回]

PR
尾が細くなるメダカの病気。完全に一匹もいなくなりました。塩での治療でよくなったのですがアナカリスという水草が瀕死の状態になりました。でも、またまたペット屋さんの指示で、復活可能になりそうです。芽が少し出ていればきっとその水草大丈夫だそうです。廃棄しないでよかったです、育ち尽くした水草だったのですから。

拍手[0回]


水草アナカリスがかなり増えて、緑豊かな水槽になりました。新しい成魚を購入のとき、しっぽが細くなるメダカが何匹かいるとペット屋さんに言ったところ、「一種の病気です。まず塩を入れ、換水を頻繁にし様子を見て、そのあと成魚を購入しましょう」といってくれました。お陰様でいま細い尻尾のメダカがいなくなりました。行きつけの親切なペット屋さんでよかったです。

拍手[0回]


新たな別産地のメダカを投入します。同族繁殖をさけるのと、メダカの寿命が約1年と聞いているからです。たくさん増えることを願います。海老も元気で共存してもらいましょう!

拍手[0回]

かわいいミナミヌマエビ、やたらと増えて、メダカを凌駕してきました。きっと彼らはメダカの卵を抱えて食べまくっているのでしょう。知り合いが言ってくれたのです。管理者としたら不本意なのですが、エビもかわいいし、しばらく春を待ってみたいと思います。

拍手[0回]

どじょうを入れました。そして照明ランプをLEDに変えました。すごくきれいな水槽になりました。今後の課題は、いかにメダカを繁殖させることで~す。

拍手[0回]

本来のメダカの卵が見えるのだけど、孵化していないか、しても食べられているのか、従来エビが増える前は、三角コーナーのシェルターにうようよいた稚魚がさっぱり見当たりません。どうしたのでしょうね。様子をしばらく、見てみますか。経過観察です。

拍手[0回]

メダカの稚魚も、ミナミヌマエビもあちこちかなり増えてきました。癒し、日々のストレスも管理しているだけで消えて、うれしいです。

拍手[0回]

ミナミヌマエビの子供を一匹発見した。水草アナカリスの陰で5匹の親も2匹確認のみだったのが、その稚魚ならぬ子供を見つけたのだ。シラスみたいな大きさ?淡水で増えるといわれて、ペット屋さんが卵をつけた親を混ぜて販売してくれた。早速の繁殖であった。うれしくなってきた。3匹のヤマトヌマエビに混ざって走っていた。そのうちアップしようと思います。もちろん黒目高の親子も同居で健在です。

拍手[1回]

メダカ繁殖の水槽にかわいいミナミヌマエビを入れた。10匹いたヤマトヌマエビが三匹になったので寂しくなり、水槽でも繁殖するという(ヤマトヌマエビは海水で子を増やす)このエビを入れた。増えてくるのを期待する。そのうちに写真をアップできると思います。

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[03/15 edward]
[03/11 hara]
[05/23 edward佐野]
[09/29 NONAME]
[04/06 edward]
[04/05 口細食われた><]
[03/26 edward]
[03/24 口細食われた><]
[03/14 首藤 かな]
[06/22 NONAME]
[09/03 キンカンケツ]
[08/26 1080]
[08/21 1080]
フリーエリア
最新TB
(03/26)
(02/19)
(11/12)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ * [PR]